大阪のリフォーム実績多数!株式会社紀陽の新着情報

Panasonicリフォームコンテスト デザインアワード多数受賞!

補助金を利用してお得なリフォームしませんか?

リフォームの紀陽TOP > お知らせ一覧 > 補助金を利用してお得なリフォームしませんか?
補助金情報

補助金を利用してお得なリフォームしませんか?

補助金名称 住宅ローン減税
内容 年末のローン残高の1%を所得税から10年間控除できる住宅ローン減税が利用できます。
適用期限 平成29年12月31日入居分まで
控除額 最大控除額400万円(当初10年間)
補助金名称 省エネ改修促進税制
(省エネ改修減税 ローン型)
内容 ローンを使って省エネリフォームをした場合に、ローン残高の1.0%~2.0%を5年間、所得税額から控除する制度です。
適用期限 平成29年12月31日居住分
控除額 最大控除62.5万円
補助金名称 省エネ改修所得税特別控除
(省エネ改修減税 投資型)
内容 自己資金またはローンを使って省エネリフォームをした場合に利用できる現在制度で、上記の「省エネ改修促進税制」との選択制になります。
適用期限 平成29年12月31日居住分
控除額 最大控除25万円
※太陽光発電設置で35万円まで控除
補助金名称 耐震改修促進税制
(耐震改修減税 投資型)
内容 旧耐震基準(昭和56年5月31日以前の耐震基準)により建築された住宅を、耐震改修した場合に適用されます。省エネ改修減税やバリアフリー改修減税との併用が可能で、その場合は最大70万円までの控除が可能です。
適用期限 平成29年12月31日居住分
控除額 最大控除25万円
補助金名称 耐震診断・改修補助事業
内容 耐震診断・改修の補助事業は、国の基本方針に則り、地方自治体が耐震改修促進計画を策定して、実地する補助制度です。
対象住宅 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
補助金額 補助金額(率)は自治体によって異なります
補助金名称 バリアフリー改修促進税制
(バリアフリー改修減税 ローン型)
内容 ローンを使ってバリアフリーリフォームをした場合に、ローン残高の1~2%を5年間、所得税額から控除するという制度です。固定資産税の減額、省エネ改修促進税制、耐震改修促進税制との併用もできます。
適用期限 平成29年12月31日居住分
控除額 最大控除62.5万円
補助金名称 バリアフリー改修所得税特別控除
(バリアフリー改修減税 投資型)
内容 自己資金またはローンを使ってバリアフリーリフォームをした場合に利用できる減税制度で、上記のバリアフリー改修促進税制との選択制になります。耐震改修促進税制、省エネ改修所得税特別控除と併用でき、その場合は最大70万円まで控除することが可能です。
適用期限 平成29年12月31日居住分
控除額 最大控除20万円
補助金名称 高齢者向け返済特例制度 
内容 住宅金融支機構の直接融資として、満60歳以上の高齢者が自ら居住する住宅に、バリアフリー工事または、耐震改修工事を行う場合に利用できる制度です。ローン返済を申込者及び、連帯債務者(配偶者)が死亡したときの一括返済とし、毎月の返済は利息のみとなる制度です。
適用期限 期限なし
月々の返済額 生存時は利払いのみ

 

お問い合わせはこちら
株式会社紀陽 大阪南店お電話はこちらメールでのお問い合わせはこちら

補助金情報の最新記事