大阪のリフォーム実績多数!株式会社紀陽の新着情報

Panasonicリフォームコンテスト デザインアワード多数受賞!

2012年 住宅エコポイントについて

リフォームの紀陽TOP > お知らせ一覧 > 2012年 住宅エコポイントについて
お知らせ

2012年 住宅エコポイントについて

住宅エコポイントの受け付けは終了しました
  ポイントの発行対象となるエコリフォーム
 
使用する建材は住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。
   窓の断熱改修
改修後の窓が、省エネ基準(平成11年基準)に規定する断熱性能に適合するように行う、以下の断熱改修が対象となります。

◆ガラス交換
◆内窓の設置
◆外窓の交換


   外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱改修を対象とします。
AまたはBの改修工事と一体的に行うバリアフリー改修工事を対象とします。

◆手すりの設置
浴室、便所、洗面所、浴室・便所・洗面所以外の居室、廊下・階段への手すりの設置

◆段差解消
屋外に面する出入り口(玄関・勝手口等)、浴室、屋内(浴室を除く)における段差解消

◆廊下幅等の拡張
通路の幅、出入り口の幅の拡張

太陽熱利用システムの設置
AまたはBの改修工事と一体的に行う太陽熱利用システムの設置工事を対象とします。

ただし、太陽熱利用システムは、一定の集熱性能等が確認された強制循環型のもので、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。


節水型トイレの設置
AまたはBの改修工事と一体的に行う節水型トイレの設置工事を対象とします。

ただし、使用する節水型トイレは、一定の洗浄性能等が確認されたもので住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。


高断熱浴槽の設置
AまたはBの改修工事と一体的に行う節水型トイレの設置工事を対象とします。

ただし、使用する節水型トイレは、一定の洗浄性能等が確認されたもので住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となります。

AまたはBの改修工事と併せて行う、下記の要件を満たしたか耐震改修工事が対象です。

★昭和56年5月31日以前に着工された住宅で現行の耐震基準に適合していない住宅について、現行の耐震基準に適合させる工事のことを言います。

<現行の耐震基準>
*建築基準法施行令第3章及び第5章の4に規定する基準
*耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして、国土交通大臣が定める基準(平成18年国土交通省告示第185号)」

耐震改修に関する各地方公共団体が交付する補助金等との併用は可能です。
ただし、当該住宅の耐震改修に要した額から、ほかの補助金等で交付を受ける額を引いた額が150,000円未満の場合、耐震改修の申請は出来ません。

ポイントの発行対象となる工事について、国土交通大臣の指定する住宅専門の保険法人(住宅瑕疵担保責任保険法人)が取り扱うリフォーム瑕疵保険に加入した場合を対象とします。

★リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度です。万が一、欠陥が見つかった場合には補修費用が保険金として支払われます。

★リフォーム瑕疵保険への加入は、住宅瑕疵担保責任保険法人に登録している事業者(リフォーム業者)へ工事着手前に工事の依頼と併せて依頼してください。

保険対象部分と保険期間
保険対象部分 保険期間
構造耐力上主要な部分(柱・基礎など) 5年間
雨水の侵入を防止する部分(屋根・外壁など) 5年間
上記以外の部分(トイレ・浴槽など) 1年間
 注意事項
持家・借家・一戸建ての住宅、共同住宅などに関わらず全ての住宅が対象になります。
国からの補助金を受けて、窓や壁などの断熱工事やバリアフリー改修工事を行っている場合はポイントの発行対象外です。
ポイントが発行される住宅であっても、要件を満たせば、税制特例や融資の優遇を受けることができます。
 ポイント発行対象外
バリアフリー改修や太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽の設置のみを行う工事はポイント発行対象となりません。
工務店などの工事施工者と工事請負契約がない工事(例:日曜大工)はポイント発行対象となりません。
 ポイントの発行対象となる工事の期間
平成23年11月21日~平成24年10月31日に工事着手したもの

※ポイントの発行対象工事を含む工事全体の着手


 ポイントの申請期限
平成24年1月25日~平成25年1月31日まで

※ただし、耐震改修を行う共同住宅などは除く

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、ポイントの申請期限が異なるため、ご注意ください。


 ポイントの交換対象

発行されるポイントのうち1/2(半分)以上を、復興支援商品(被災地の特産品や被災地への寄附等)に交換していただけます。

発行されるポイントのうち1/2(半分)までは、即時交換およびエコ商品と交換できます。

<復興支援商品>
* 被災地産品
* 被災地の商品券等
* 東日本大震災への義援金及び募金等

<エコ商品等>
* エコ商品
* エコ住宅の新築またはエコリフォームを行う工事施工者が追加的に実施する工事(即時交換)
* 環境寄附


 ポイントの交換期限

平成27年1月31日まで

お問い合わせはこちら
株式会社紀陽 大阪南店お電話はこちらメールでのお問い合わせはこちら

お知らせの最新記事